受診に抵抗があるのなら電話を活用してみよう

気軽に利用できます

電話

治療期間中のサポートも受けられます

うつ病はここ数年間で急激に増えています。この病気は誰も患う可能性がある病気の1つです。しかし適切な治療を受けられている人はそう多くはありません。しかも1度こじらせてしまうと治り難くなる上に再発する可能性が高いのが特徴です。身近な人が病気のサインに気が付いてあげることが早期発見に繋がります。もし少しでもいつもと違う言動や行動が目立つようなら、できるだけ早く専門医による診察が必要です。しかしこの病気を患う人の多くは、自分の症状を自覚しているにも関わらず、病気であることを認めたがらない人がいます。そのような人が家族や身近な人の中にいたら、うつ病無料電話相談を利用するのが便利です。公的な事業として統一の電話番号が設定され、全国どこからでもその所在地から最も近い相談機関に接続されるようになっています。このようなうつ病無料電話相談ができる相談機関は民間も含め数多く存在するので、気軽に利用してみるのがよいでしょう。ここで対応してくれるスタッフは豊富な知識と経験を持つ者ばかりなので、安心して話すことができます。治療を受けたがらない患者への対応の仕方や今後の方針についても丁寧にアドバイスしてくれます。さらに必要に応じて医療機関の紹介をしてくれるところもあります。

公的な機関でのうつ病無料電話相談は、平日の朝9時から夕方の17時頃までが受付時間となっています。電話での相談だけでなく、必要に応じて面接での相談をすることも可能です。そしてうつ病無料電話相談は、既に治療を受けている人への相談窓口としても利用できます。特に難治性のうつ病患者の中には、双極性障害へと症状が変化することも珍しくありません。患者の浮き沈みの激しい症状に対して、どうのように接するべきか相談することもできます。もし緊急を要する症状である場合には、精神科救急情報センターへ相談しましょう。さらにこのような相談機関はさまざまな団体が運営しています。中には24時間体制で受け付けているところもあるので、深夜でも利用することができます。そしてはじめて利用する人は何かと不安が生じてなかなか電話をすることができないのが当然です。焦らずにあらかじめ話す内容を整理しておきましょう。もし経過や症状について自分で詳しく説明できそうにない場合は、躊躇わずに家族や身近な人に頼むことも必要です。このような無料電話相談は診察を受ける前から治療期間中まで、幅広くサポートしてくれる心強い存在です。早い段階から上手に利用することで、うつ病を未然に防ぐだけでなく社会復帰までの道のりを短縮させることが期待できます。

Copyright© 2019 受診に抵抗があるのなら電話を活用してみよう All Rights Reserved.